初版 ぼく語辞典

エッセイ

セブンイレブン化する思い出。

留学を終えて帰国したのち、僕が育った青森市に帰省をしている。 僕は基本的に年に2~3回ほど、地元に帰る。夏季および冬季の大学の長期休暇に合わせてだ。 そしてその地元へ戻るたびに、気が付くことがある。セブンイレブンの店舗数の拡大だ。 青森県にセブ…

とりとめのない、とりためたもの【欧州編②】

入り口(クロアチア・ザグレブ、2017年12月) クロアチアの首都ザグレブにて。 境界には不思議な力を感じる。門、鳥居、暖簾etc...くぐることで、気持ちがシャキッとさせられるような気がすることがある。 ここには、真っ白な扉と、大胆に広がった木の穴。い…

とりとめのない、とりためたもの【欧州編①】

撮るには撮ったものの、どこにも載せずお蔵入りした写真がある。 ブログに載せようにも、Instagramにアップしようにも、それ単体ではストーリーを編めるほどの力を持たぬものたち。 それでもせっかく撮ったのだし、ただのデータとしてPCの中で腐らせてしまう…

つくばエクスプレス沿線をスケボーで滑ると何が起こるのか。

つくばエクスプレス沿線を完歩してから1年半後。2017年の春。 スケートボードを知人からいただいたぼくは、新しいおもちゃを買ってもらった子供のように無根拠にわくわくしていた。 いてもたってもいられず、板を抱えて外へ飛び出す。気が付けば、相も変わら…

つくばエクスプレス沿線を完歩すると何が起こるのか。(結論編)

つくばエクスプレスをご存じだろうか? かくかくしかじかの事情でその沿線を完歩することにしたぼくは、つくば駅から出発して、秋葉原駅へと向かっていた。 果たして、85kmに及ぶ道のりを歩き終えたとき、ぼくの中にどんな感情が芽生えるのか?

つくばエクスプレス沿線を完歩すると何が起こるのか。(道中編)

つくばエクスプレスをご存じだろうか? 秋葉原駅とつくば駅間を結ぶ私鉄であり、現在東京からつくば市へ最速で行ける手段であるとともに、つくば市に唯一通っている鉄道でもある。 ところがこの運賃がなかなか高い。少なくとも我々学生にとっては高い。 つく…

乱視と卵子

最近、眼鏡が壊れた。 落下の衝撃が全体に均等にかかったのか、もともとダメージが蓄積されていたのか。3年間を共にした相棒は、綺麗に真っ二つになってしまった。 南無。

夜が幻想郷だった頃。

【私的ラトビア100景】ラトビアン・スカイ・カンヴァス(威風) 部屋から見える今日の夕暮れは、なかなかドラマチックだった。雲が燃えるように焼けている。空はさながら劇場だ。観客席にいるぼくは、舞台の壮大さに圧倒されている。

リガの高層建築と移ろいゆく空を眺める。

Labdien~ ぼくが現在住んでいる学生寮の部屋からは、リガを遠望し、楽しむことができます。日々移り変わる空の色合いと、変わらないリガの街の眺めの、綺麗で壮大なコントラストの世界。 朝の空 夕方の空 黄金の空 朝の空 【私的ラトビア100景】ラトビアン…

ブログ名変更:「マイ・プライベート・ラトビア」から「初版 ぼく語辞典」へ

Labdien~ 気が付けば、留学生活も残りわずかとなっております。今日この頃、5月の終わり。ラトビアについて書こう書こうと思い始めたこのブログも、このままだと中途半端なものになってしまいかねないぞ…? というわけで、帰国後も個人ブログとしての使用に…

【留学雑記】ダ・ヴィンチ先生、こんにちは。~「もったいない」小話

サモアのニケさん、こんにちは。 ダヴィド君は今日も真面目。アンクルさんの描く女性はいつも優美。 1月、パリ。ルーヴル美術館にやって来た。 ミュージアムはいつも、何か新しいことを発見させてくれる。 過去に生きていた多種多様な人間の人生や思想が、様…

【留学雑記】スリに遭った時に助けてくれた、名も知らぬ彼へ。

Labdien~ 1月、パリでスリの被害に遭った。 少し具体的に状況を説明すると、時間はルーヴル閉館直後の18時過ぎ。場所はルーヴル美術館入り口のピラミッド周辺。 原因は完全に僕の油断だ。 日本を出た生活を始めてからおよそ4か月半が経った頃。車の運転にし…

【留学雑記】『ラトビア留学』から『欧州留学』へ

Labdien~さて、気が付けば留学生活も折り返し地点に入っていました。 この辺りで、自分なりの『留学生活』というものについても、今後書いて参ります。 ラトビア留学へ 現在およそ5ヶ月半経った留学生活をざっくり振り返ってみると、 8月30日:ラトビアの首…