初版 ぼく語辞典

旅行記

旅ではない、旅行でもない、移動の記録。【九州移動 前日譚】

「月日は百代の過客にして、行きかふ年もまた旅人なり」(松尾芭蕉『奥の細道』) あるいは、 「私は常に思つてゐる。人生は旅である」(若山牧水『独り歌へる』) _____________ 人生はしばしば、旅に喩えられる。 人生は旅行というよりも、旅…

つくばエクスプレス沿線をスケボーで滑ると何が起こるのか。

つくばエクスプレス沿線を完歩してから1年半後。2017年の春。 スケートボードを知人からいただいたぼくは、新しいおもちゃを買ってもらった子供のように無根拠にわくわくしていた。 いてもたってもいられず、板を抱えて外へ飛び出す。気が付けば、相も変わら…

つくばエクスプレス沿線を完歩すると何が起こるのか。(結論編)

つくばエクスプレスをご存じだろうか? かくかくしかじかの事情でその沿線を完歩することにしたぼくは、つくば駅から出発して、秋葉原駅へと向かっていた。 果たして、85kmに及ぶ道のりを歩き終えたとき、ぼくの中にどんな感情が芽生えるのか?

つくばエクスプレス沿線を完歩すると何が起こるのか。(道中編)

つくばエクスプレスをご存じだろうか? 秋葉原駅とつくば駅間を結ぶ私鉄であり、現在東京からつくば市へ最速で行ける手段であるとともに、つくば市に唯一通っている鉄道でもある。 ところがこの運賃がなかなか高い。少なくとも我々学生にとっては高い。 つく…

バルセロナ・ピカソ美術館〜美術初心者は簡単に予習をして行こう

バルセロナにある「ピカソ美術館」に行ってきました。 少年・青年期→青の時代→薔薇の時代→キュビズム→晩年と、ピカソの人生における画風の変化を追うことができます。 スペインの芸術といえば、ピカソ抜きには語れません。 その彼の作品を3000点以上収蔵する…

スペイン屈指の人気ミュージアム!ダリ劇場美術館の感想と行き方

20世紀絵画史の巨人の一人、スペイン出身の画家「サルバドゥール・ダリ」。 シュルレアリスムの代表画家で、強い色彩と不思議なモチーフにより、摩訶不思議だけれど調和のある独特の絵の世界を生み出した人物です。 そんな彼の巨大な世界観を具現化したよう…

【留学雑記】ダ・ヴィンチ先生、こんにちは。~「もったいない」小話

サモアのニケさん、こんにちは。 ダヴィド君は今日も真面目。アンクルさんの描く女性はいつも優美。 1月、パリ。ルーヴル美術館にやって来た。 ミュージアムはいつも、何か新しいことを発見させてくれる。 過去に生きていた多種多様な人間の人生や思想が、様…

【留学雑記】スリに遭った時に助けてくれた、名も知らぬ彼へ。

Labdien~ 1月、パリでスリの被害に遭った。 少し具体的に状況を説明すると、時間はルーヴル閉館直後の18時過ぎ。場所はルーヴル美術館入り口のピラミッド周辺。 原因は完全に僕の油断だ。 日本を出た生活を始めてからおよそ4か月半が経った頃。車の運転にし…