初版 ぼく語辞典

とりとめのない、とりためたもの【欧州編②】

f:id:ABBshu:20180817152725j:plain

入り口(クロアチア・ザグレブ、2017年12月)

クロアチアの首都ザグレブにて。

境界には不思議な力を感じる。門、鳥居、暖簾etc...くぐることで、気持ちがシャキッとさせられるような気がすることがある。

ここには、真っ白な扉と、大胆に広がった木の穴。
いずれもどこか特別な目的地へ誘うための境目でもないが、実益性がないにも関わらずそこにある分、つい足を止めて、気を引かれてしまう。

f:id:ABBshu:20180817114404j:plain

サラエボへと向かう道(ボスニア・ヘルツェゴビナの山道、2017年12月)

クロアチアのザグレブから、バスでボスニア・ヘルツェゴビナの首都であるサラエボへと向かう。途中ずっと山道を行くことになる。車中からの景色は、常に壮大だ。

大きな山が見えてくると、近くの席の少年らが「マウント・フジ!マウント・フジ!」とふざけるようにはしゃぎ出す。おそらく日本人の僕がいたからだろうが、富士山の名前がこの辺り(バルカン半島)でも知られているようであることに驚く。

僕が日本人だからというよりは、アジア人を見て適当にアジアの知っている山の名前を出しただけの可能性も高いが。

f:id:ABBshu:20180817114406j:plain

鳴り響くあのメロディー(クロアチア・ドゥブロブニク、2018年1月)

ドゥブロブニクの城壁内を適当に散策していると見つけた石の階段。

反射的に上りたくなる。デッケデッケ……ドラゴンクエストの階段を上る効果音を頭の中で鳴らしながら。

現在のすっかり立体的な映像となったドラクエも臨場感があって面白いが、2D時代もいまだに色あせない。

f:id:ABBshu:20180817114506j:plain

狛猫(クロアチア・ドゥブロブニク、2018年1月)

何とも規則正しい並び。
よく見ると、尻尾の位置まで左右対称になっている。規則正しすぎる。

ドゥブロブニクは街中のあちこちに猫がいる、猫好きにはたまらない場所だろう。

f:id:ABBshu:20180817114510j:plain

MajiでKoiする5秒前(クロアチア・ドゥブロブニク、2018年1月)

年明けをのんびりと壁際で過ごす1匹の猫。
その視線の先には………。

f:id:ABBshu:20180817114420j:plain

カナかな?(セルビア・ベオグラード、2018年1月)

セルビアの首都ベオグラードにある日本食店。

中で働くのは現地の人々だが、店内は非常に凝っている。
メニュー1つとってもそれが分かる。

一瞬、「あれ、日本語のメニューあるんだ?」と思ったがよく見ると英語。
もはや暗号のようですらある。

読み辛い文字もところどころあるが、この遊び心に感服。ラーメンの味も大満足。

f:id:ABBshu:20180817114425j:plain

かくれんぼ(クロアチア・ザグレブ、2018年1月)

再びザグレブ。

目玉観光スポットの一つ聖母被昇天教会。
その裏をよく観察してみると……発見。
見つかっちゃったと観念した、無邪気な坊主の可愛げのある笑顔。

f:id:ABBshu:20180817115731j:plain

Majiで盗られる5秒前(フランス・パリ、2018年1月)

ルーブル美術館周辺でのんきに写真撮影。
逆光を浴びる被写体は、知らない観光客。

この1分後くらいにこの場でスリに遭った。上着のポケットに入れていたスマートフォンを撮られた。その時は犯人が現行犯逮捕されて助かったが、ルーブル周辺及びパリには窃盗犯が非常に多いので、油断するなかれ。

f:id:ABBshu:20180817114433j:plain

おしどり夫婦(フランス・パリ、2018年1月)

シャンゼリゼ通りにて。凱旋門近く。

左のポストが右に寄り添うように立っている。
そもそもポストがこんな近距離に2つも必要なのだろうか。どの夫婦もそうであるように、この2台にも知られざる馴れ初めストーリーがあるに違いない。

f:id:ABBshu:20180817114427j:plain

韋駄天(フランス・パリ、2018年1月)

パリのポンピドゥー・センターにて。

疾風の如く駆けていくピクトグラム。
風と共に走る姿はまさに韋駄天。
この施設が要求しているであろう走行速度に、果たして僕は有事の際に応えられるだろうか。

f:id:ABBshu:20180817114526j:plain

カラフル(ドイツ・ヴァイル アム ライン、2018年1月)

ドイツ・フランス・スイスの3国の国境に際する街、ヴァイル・アム・ライン。

人工的な色と自然の織り成す色の、カラフルコラボレーション。

f:id:ABBshu:20180817114446j:plain

パーティーカクテル効果(ドイツ・フライブルク、2018年1月)

あだ名が「あべべ」であるがゆえに、壁面の落書き「ABB」に視線が思わず反応。
が、よく見れば、おそらくこれは「ABR」ではないだろうか。
それはそれで何なのか、むしろ気になるが。